大きなチョコレート・トリュフ【チョコレート・バー】サンディエゴ・デルマー・カリフォルニア

IMG_1729

【chocolate bar】という看板。
週末のドライブコースで、車窓から眺めるたび気になっていました。
ようやく先日訪れてみました。
「バー」という響きから、シックなお店をイメージしていましたが、予想とは違ってとてもカジュアルな感じです。
チョコレートたちもどれもアメリカンサイズ、トリュフだってとても大きいのです。

IMG_1755

選んだのは、オレンジピール、レモンピール、ハニーコム、チョコレート・ファッジです。
チョコレートはすべてミルクチョコレートとダークチョコレートの二種類あるようです。
わたしはダークチョコレートを。
アメリカンぽいのは、ハニーコムとなんといってもチョコレート・ファッジでしょうか。
ハニーコムははちみつ味のさくさくとした口どけのキャンディで、淡雪のように溶けてゆきます。
あっさりとしているのでどんどん食べすすんでしまいます。
チョコレート・ファッジはチョコレートとキャラメルの中間のような食感のお菓子で、チョコレートファッジのレシピではたいていチョコレート、マシュマロ、砂糖が基本の材料のようです。
材料を聞いただけで、アメリカンな強烈な甘さが想像されますが、そこがいいので、わたしはファッジのファンだったりします。

IMG_1730

飲み物のテイクアウトもあります。
やはりホットチョコレートなど、チョコレート系の飲み物が人気のようでした。
わたしはいつものアメリカンを。
そういえば、コーヒーが出来るのを待っている間にやってきた年配の男性は、チョコレートの並んでいるショーケースを一瞥することもなく
「ホワイトチョコレート・ピーナッツバターカップ」
と注文されたので、それはきっと彼の定番おやつなのだろうと。
わたしもアメリカに住むようになってから、ピーナツバター好きになりました。
というのも、アメリカではどこへ行っても、何だかピーナツバターだらけなのですよ。
なので、次回ここを訪れるときはぜひピーナッツバターカップ・チョコレート選びましょう。

わたしはサンディエゴ・デル・マー(Del Mar)のお店を訪れましたが、カールスバド(Carlsbad)にもお店があるようで、そちらのほうが店舗は大きいようです。

カジュアルなチョコレート・トリュフ、とてもよいです。

【Del Mar Chocolate Bar】ウェブサイトはこちらに。
IMG_1728

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中