とうがらし風味のチョコレート・アメリカから【CHUAO Chocolatier】サンディエゴ・CA

さて今回は、アメリカ【Chuao Chocolatier】から少し変わったチョコレートの紹介です。
IMG_0078
【とうがらし風味のチョコレート spicy maya choco pod】
ホットなカイエンヌペッパーとシナモンの風味のするダークチョコレートです。
ホットなスパイスはダークチョコレートと見事に調和しています。
カイエンヌペッパーだけでなく、シナモンもプラス、というところが絶妙さのような気がします。
ペッパーがチョコレートをきりりと引き締めて、大人風チョコレートです。

【かりかりパン粉入りチョコレート salted chocolate crunch choco pod】
こんがりとよくトーストされたパン粉の粒がチョコレートの中に。
パン粉は少し塩味がして、その食感はまるでキャンディのようにかりかり。
ほんのりとした塩味がダークチョコレートのカカオ風味を引き立てているようです。

【塩風味ミルクチョコレート sweet & salty chico pod】
こちらはマイルドなミルクチョコレートに、シンプルに塩の風味でニュアンスをつけて。
ダークチョコレートに比べて甘くてミルキーなチョコレートを口に含むと、ミルキーなチョコレートと少しとがった塩の風味がとけあって、絶妙な組み合わせです。

【ポップキャンディチョコレート firecracker choco pod】
ポップキャンディってご存じですか。
口の中に含むと、キャンディが溶けるとともに、パチパチはじけるというもの。
そういえば子どもの頃に、そんな類のラムネ菓子を面白がって食べた記憶があります。
こちらはダークチョコレートの中にそのポップキャンディの粒。
口の中でチョコレートが溶けてゆくと、キャンディの粒がパチパチはじけて、これ、ほんとに楽しいのです。
そして楽しいということはおいしいのですね。

どのチョコレートも少しだけひねった味。
けれども全てそれぞれ素材の具合がバランスよく配合されていて、唸ってしまうチョコレートたちでした。

これらはすべて一口サイズのものがそれぞれ個装されていて、ひとつわずか50〜60キロカロリーというのも謳い文句のようですよ。

【Chuao Chocolatier】さんウェブサイトはこちらです。

IMG_0051

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中