ココナツミルク・アーモンドミルクのジェラート・アメリカから・チョコレート、塩キャラメル

アメリカではヴィーガン(vegan)という言葉を日常的に目にします。
日本と比べると、アメリカではヴィーガンということが一般的に浸透しているようです。
そのためかアメリカでは植物性のミルクの種類をたくさん見かけます。
そこで今回は、ナッツのミルクのアイスクリーム(フローズンデザート)の紹介です。
IMG_0098

まずは日本では珍しいとおもわれるアーモンドミルクのアイスクリームから。

IMG_0094
【アーモンドミルク・チョコレート almond dream chocolate】
アイスクリームというよりもシャーベットに近い、とてもさらりとして、あっさりとした食感です。
けれど、さらりとしつつ、チョコレートのまったりとした感じが濃厚です。
アーモンドミルクですから、もちろんアーモンドの風味もして、アーモンドチョコレートは「おいしい」定番ですね。
あっさりしつつなおかつチョコレートが濃厚なこのアイスクリーム、とてもおすすめです。

【Taste the dream】ウェブサイトはこちらです。

IMG_0095
【塩キャラメルチョコレート味ココナツミルクアイスクリーム salted caramel & chocolate – Luna & Larry’s coconut bliss】
さて次は、日本でもおなじみのココナツミルクのアイスクリームです。
こちらは先のアーモンドミルクのアイスクリームにくらべると、とてもクリーミーで粘り気があるほどです。
塩キャラメル味のアイスクリームは、はじめ塩味が少しきついかな、とも感じたのですが、食べすすむにつれて、その少し強めの塩味がよくなってゆくような、くせになるようなおいしさがあります。
そうして削ったチョコレートのかけら。
削ったチョコレート片は薄くぱりぱりとしていて、また口どけもよいので冷たいアイスクリームともなじんでいます。
濃厚なココナツミルクにキャラメル風味と、そうしてほろ苦いチョコレート、新しいデザートの定番の仲間入りのようです。

【Luna & Larry’s coconut bliss】ウェブサイトはこちらです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中