ほしいも・自然の甘味・茨城県産さつまいも・平磯屋

芋ようかん、大学芋、などさつまいものお菓子は大好きですが、こんなお菓子もあるんですね。
「ほしいも」。
知ってみれば、昔からある素朴な食べもののようですが、最近になってはじめて食べたのでした。

IMG_0219

材料はまさにさつまいもだけです。
7mmほどの厚さに、いもの繊維にそってスライスされているほしいもの食感はねっちりとしています。
そうして、かめばかむほど、ひなびたようなさつまいもの自然な甘さが口の中にじんわりと広がります。
これはおいしい。
たとえば、チョコレートトリュフなんかのような、人を酔わせるおいしさではないけれど、いつのまにか人をひきつけてそのうち手放せなく存在になっている、というような。
表面に浮き出た、白いカビみたいにも見えるものは、いもの成分が浮き出たものということ。
その白い部分が乾燥度が高いのか固くて、わたしは一番好きだったりします。
かみしめる食感がこのほしいもの魅力でしょうか。
きらびやかではありませんが、安心して食べられる、毎日食べたくなるおやつです。

【ほしいも・平磯屋商店】さんウェブサイトはこちらです。
IMG_0200

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中