ずっしり重いアップルパイ・アメリカから・サンディエゴCA・【JulianPie】

アメリカのお菓子といえばパイ、とくにアップルパイがわたしにはおもい浮かばれるのですがみなさんはいかがですか。
そこで今回は、サンディエゴでも人気らしい、パイのお店【JulianPie】のアップルパイです。
IMG_0235
【ジュリアンパイ・オリジナルアップルパイ】$12.99(2013.11現在)
1ホールのアップルパイ、まずそのずっしりとした重さに驚きます。
約1キログラム。さすがアメリカン。
パイ生地はとてもしっとりしています。
「ふた」の部分も、さくさくというより、ほろほろ。
しっかりと厚みのあるパイ生地ですが、ヘビーということもなくて、中のりんごのフィリングとよくバランスがとれています。
りんごはシナモン風味たっぷりで、とろとろに煮上がっているのに、スライスされたりんごの形は煮くずれることもなく、きちんと四角く残っていて、とろとろ、完璧な具合です。
少しカラメルのような風味がして、それがりんごの酸味ととても調和しています。
自分でも驚いたのですが、今まで食べた自分のアップルパイのうちナンバーワンのような気がする、とおもったのでした。
おなかが空いていただけかもしれませんが。

IMG_0261
そして何といっても、アメリカでパイといえば、ホイップクリームは必須のようです。
初めて聞いたときには、ヘビーすぎるのでは?と疑ったのですが、勧められるままに試してみると、これがたいへんよいのです。
ホイップクリームを付け合わせる方が、なぜかアップルパイのこってり感がうすまって、あっさりするというか、もっとたくさん食べられてしまうくらいなのです。
今では、パイには無くてはならない感じです。
アメリカでは、すでに泡立ててある即席のホイップクリームが、どこのスーパーマーケットでも、冷凍コーナーに必ず見ることができます。
即席ホイップクリームが日常的に浸透しているんですね。
しかし、無精者にとってはこれはとても便利です。
ともかく、ずっしりと重たいアップルパイ、アメリカならではですね。

【JulianPie】本店はジュリアンというサンディエゴでも山の中というか、砂漠に近いあたりの素敵な村にあるのですが、わたしは海岸沿いのグローサリーストアで扱っているのを見かけそちらで購入しました。
ほかにも、いちごとルバーブのパイやりんごとベリーのパイ、などいくつか種類があって、どれもおいしそうです。

IMG_0260

【JulianPie】ウェブサイトはこちらです。

わたしはこちらのグローサリーストアで購入しました(2013.11現在)
【JUST PEACHY】
1354 north coast highway 101
Leucadia , CA 92024

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中