ブレッドプディング【マンモスベーカリー】 アメリカから・Gardena・CA【MamMoth Bakery】

さて今回は、パン屋さんのブレッドプディングです。

IMG_0385

【ブレッドプディング・マンモスベーカリー bread pudding (MamMoth Bakery)】$1.79(サンディエゴ・カーニーメサ「ニジヤマーケット」にて 2013.12月現在)

ブレッドプディングというのは、カスタード液のしみ込んだパンをうつわに並べて、その上からカスタード液を流し込んで焼くもの、とおもっていたので、このブレッドプディングにはまた新しい発見が。
まず、うっすらと粉砂糖のふりかかった表面にスプンを入れると、カスタード液のしみ込んだパンは、ジューシーといえるほど、カスタード液をたっぷり含んで、しっとりしています。
そのパンは、フランスパンなどハードタイプのパンではなくて、いわゆる食パンなどのソフトなもの。
コロコロと小さなサイズの角切りも食べやすく。
そうしていつものブレッドプディングと違っているのは、このブレッドプディングの下半分は、ぱんではなくてふつうのカスタードプリン。
つまり、普通のプリンにぱんで蓋をして蒸し焼きにしてある、という感じでしょうか。
蒸し焼きなので「こんがり」というより「しっとり」なのでしょう。
以前食べたこちらのお店「マンモスベーカリー」のカスタードプリンは、生クリームがたっぷりというかんじの、とてもリッチでクリーミーなタイプのプリンでしたが、そちらに比べてこちらのプリンは、ミルクの割合が多いような、あっさりめです。
玉子風味よりもミルクの味の方がよく感じられるような、やさしい味わいです。
それにしても、カスタード液でしっとりジューシーなぱんの下に、ミルク風味たっぷりのプリンが隠れているなんて、うれしい驚きの、たいへんおいしいブレッドプディングでした。

メモ 表記の材料
小麦粉、バタ、砂糖、玉子、ミルク、ミルクパウダー、塩、レーズン、水

材料に「レーズン」とありますが、このブレッドプディングのなかに、レーズン自体は見受けられませんでした。
パンを作る過程や、隠し味か何かで使われているのでしょうかね、きっと…

【MomMoth Bakery】ウェブサイトはこちらです。

わたしはサンディエゴ・カーニーメサにあるニジヤマーケットにて購入しました。
【Nijiya Market】
3860 convoy street suite #109
san diego, CA 92111

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中