カテゴリー別アーカイブ: Hiroshima 広島

小倉ぜんざい・黒糖キャンディ(干支飴)【御菓子処高木】広島県広島市

広島県広島市にあるおいしい和菓子のお店【御菓子処高木】より、シンプルな素材の味を楽しめる和菓子ふたつの紹介です。

IMG_0741

【小倉ぜんざい】
スプンを入れると、とろりとした感触にすでにときめきます。
あずきの一粒一粒がやわらかくふっくらと煮上がっていて、もっちりととろけるようです。
小豆の皮までもやわらか。
砂糖のすっきりとした甘さが、あずきの味わいを高めます。
甘みはしっかりとしているので、好みでお餅やお団子を加えてもよいようです。
小豆の粒の食感も味わいながら、とろとろのクリーミーさも味わえる、地味ながら贅沢な和菓子ですね。

IMG_0740

【干支飴】
つるつるとなめらかな舌触り。
黒糖のこくのある甘みが口の中に広がります。
そうしてこの飴、とても口溶けがよくて、口の中でするすると溶けてゆきます。
こくのある黒糖の甘みはコーヒーともとても相性がよいです。
しかしなんといっても、馬のスマイルにほのぼのとなります。
飴は自分で手に取ることはあまりないお菓子ですが、こんな見ているだけでも楽しい飴は、女性の心をくすぐりますね。

【御菓子所高木】ウェブサイトはこちらです。

【お菓子所高木】「栗大つぶ」「栗万」しっとり、栗まんじゅう2種・広島県広島市

IMG_1745

【栗大つぶ】
つやつや、しっとりとした皮の焼き目にそそられます。
栗の甘煮が白あんで包まれています。
栗は中まで蜜が浸透していて、ねちねちとした食べ心地です。

IMG_1655

【栗万】
こちらはシンプルに饅頭のあんは白あんです。
「栗」万というわけは、白あんの中に、栗のつぶつぶが混じっています。
なめらかな白あんに、その少しのつぶつぶとしたアクセントがよい歯ごたえです。
皮は「栗大つぶ」よりも少し厚めでドライな食感です。

どちらもシンプルなおまんじゅう。
「栗大つぶ」のつやつやとした見た目は、少しよそ行き風。
お客様のお茶請けにいかがでしょう。
「栗万」は普段のおやつに。
どちらもオーソドックスなおいしいおまんじゅうでした。

about link 【御菓子所高木】広島県広島市

【お菓子所高木】さんのお菓子の記事はこちらにもあります。

もなかクッキー【田頭茶舗】・しっとりバームクーヘン【西洋菓子・無花果(いちじく)】広島県広島市

IMG_1780

【もなかクッキー(抹茶)】
和菓子の定番、もなかの中には普通はしっとりとしたあんこがはいっています。
こちらはもなかのお皿の中に抹茶味のクッキー。
クッキーの表面にはお米のパフがアクセントに。
もなかは「ぱきん」と音がするくらい、うれしいぱりぱりです。
もち米の香りも高くて、少しカラメル風味のする抹茶クッキーとよく合っています。
もなかとクッキーって、とても相性よいのですね、またおいしい驚きでした。

広島市金座街にある日本茶のカフェ【田頭茶舗】にて購入しました。

【田頭茶舗】さんウェブサイトはこちらです。

IMG_1795

【バームクーヘン】
ケーキのおもてにはシロップがうってあるようです。
ラムか何かのお酒の風味もして、とてもしっとりしています。
口の中でさらさらと溶ける、とても口どけのよいケーキ、
バニラビーンのつぶも見えます。
しっとり、かつ口どけもよく、お酒の風味も上品で、
とてもおいしいバームクーヘンでした。

【西洋菓子・無花果】さんウェブサイトはこちらです。

【パティスリーアルファ】サブレプレーン・サブレショコラ・広島県広島市

IMG_1692

【サブレ・プレーン】
表面に「ざくざく」とグラニュー糖がまぶしてあります。
ひびわれも「ざくざく」感をイメージさせて、いかにもおいしそうでそそります。
直径は7㎝、日本のクッキーにしては大きめ、うれしいです。
砂糖とバタの合わさった、しっとりとした懐かしい香りがします。
見た目どおりざくざくとした粗い歯ごたえです。
中まで均一にきれいなキャラメル色に焼きあがっていて、
そう、このクッキー、キャラメルの風味がします。
材料は砂糖、バタ、小麦粉という三つだけのようで、
この三つのバランスが完璧な感じでとれている、抜群なサブレです。
ともかくほのかなキャラメルの風味がよいです。
このサブレのアメリカンサイズ(直径15㎝とか)、わたしの夢のお菓子の仲間入りでしょう。

IMG_1723

【サブレ・ショコラ】
甘さは控えめで、ココアのほろ苦さを味わえます。
それからシナモンの風味もあって、それが何かノスタルジー気分誘います。
そのシナモンの風味、ココア風味と同じくらいにけっこう強く感じられて、シナモン、大切な存在のようです。
クッキーは厚め、ぽこぽことした食感もよいです。
厚めのハートの形もかわいい、おいしいクッキーでした。

【パティスリーアルファ】さんウェブサイトはこちらです。

【パティスリーパンセ】みその焼きドーナツ・みそド 広島県府中市

IMG_1596

焼きドーナツ。
いつ頃からか普段に耳にするようになったお菓子です。
揚げていないドーナツって、もはやドーナツではないような…などとおもって、これまでとくに食べる機会もありませんでした。
しばらく前にみその焼きドーナツ、というのを見かけ、みそという言葉にひかれ、ひとつ。
手の平におさまるかわいらしい小ぶりサイズです。
はじめにおもったのは、たまごむしぱんの風味。
みその風味も特には感じられません。
しっとりきめ細かく、口溶けよく、とてももちもちしています。
甘さも控えめで、ドーナツというとカジュアルな食べもののイメージがあるけれど、これはもっとやさしい感じ、もうすこし「きちんと」した感じです。
みそがさり気なく甘さをほどよく調整したり、隠れた働きをしているのだろうなあ、と、興味深い新しい気づきです。
みそドーナツ、そのやさしい素朴な風味からか、ノスタルジーをくすぐるお菓子でした。

【パティスリーパンセ】さんウェブサイトはこちらです。

【コンディトライ・フェルダーシェフKonditrei Felderchef】卵白のケーキ・マンデル 広島県廿日市市

IMG_1687

材料は小麦粉、砂糖、卵白、バタ、アーモンドの5つ。
アーモンドの風味がたっぷりします。
それでいてとてもあっさりしたスポンジ生地です。
けれどぱさついてはいなくてしっとり。
卵白のたんぱく質の弾力のある歯ごたえがあります。
シフォンケーキのようにふわふわしていなくてきめが詰まっていて、シフォンケーキ味のパウンドケーキというような。
表面にアーモンドのスライスがまぶしてあるのも楽しい食べ心地です。
あっさりとシンプルで食べやすい、おいしいケーキでした。

【コンディトライ・フェルダーシェフ】さんのウェブサイトはこちらです。

素朴な焼き菓子のおいしいチャイのお店【ピンカートンズ・スーク】広島県広島市

IMG_1567

広島県広島市中区にある喫茶店【ピンカートンズ・スーク】はチャイのお店です。
紅茶よりもコーヒー党だけれど、このお店の焼き菓子が大好きで、広島に住んでいた頃は喫茶で休憩したり、お菓子をテイクアウトしたり、よくこのお店を利用していました。
【ピンカートンズ・スーク】のガナッシュトルテはわたしのチョコレートケーキの一番といっていいくらい、このお店のガナッシュトルテ、大好きです。

さて、最近広島に帰郷した折、もちろんこちらを訪れ、いくつかお菓子を。
これまでスコーンというものには、その地味な見た目のせいか興味をあまりひかれなく、食べたこともなかったのですが、このたび何の気なしに手に取りました。
すると。
しっとりとした食感、ほのかな甘みの加減、口の中で柔らかくほどける感じ、何も強い主張はないのだけれど、つまり毎日食べたくなるような、パーフェクトな焼き菓子のように感じられ、久々の感動の出会いだったのでした。
それから。

IMG_1637

【ボジョ】という名前の焼き菓子。(上の写真です)
レーズン、オレンジピール、くるみの刻んだものをビスケット生地で巻いてあります。
ビスケット地にはシナモンの風味がします。
ホロホロした固めの生地、けれどガレットなどのようにバタぽくありません、ミルクも加えてあるのでしょうか…
それから少うしラム酒の風味と。
ラム酒漬レーズンのよう、
このほんの少しのお酒の風味がとてもこの焼き菓子の味わいを深くしているようです。
また、レーズンだけでなく、オレンジの柑橘のさわやかな香りが混じっているのも、noteしておきたい大切なおいしさの秘密のような。

素朴でいて、奥深いというような、そんなお菓子たちです。

紅茶のお店ピンカートンズ・スークさんのお知らせのブログはこちらに。