オリーブオイルのラスク・ブルスケッタ・イタリア産・アメリカから・【ASTURI Itarian Bruschettini】

甘いシュガーラスクもよいけれど、ときにはこんな甘くないラスクはいかがでしょう。

IMG_0721

【イタリアン・ブルスケッタ ASTURI Itarian Bruschettini】
封を開くとフレッシュなオリーブオイルの香り。
エクストラバージンオリーブオイル使用です。
直径3,4cmほど、厚さもわずか5mmほど、とても小ぶりのかわいらしいサイズです。
ぱんの表面に施されているのはオリーブオイルだけのようですが、ぱん生地にバタが使ってあるのか、どこかバタのような風味もします。
ぱん生地のきめがとても細かく、さくさくととてもよい口どけです。
そのままでもサラダのクルトン代わりにもおいしいですし、チーズや野菜のディップなどのせると、あっというまに華やかな前菜に変身です。
他にも、ローズマリー風味や黒こしょう風味なども、大人っぽくておいしそうです。

IMG_0770

IMG_0772

広告

小倉ぜんざい・黒糖キャンディ(干支飴)【御菓子処高木】広島県広島市

広島県広島市にあるおいしい和菓子のお店【御菓子処高木】より、シンプルな素材の味を楽しめる和菓子ふたつの紹介です。

IMG_0741

【小倉ぜんざい】
スプンを入れると、とろりとした感触にすでにときめきます。
あずきの一粒一粒がやわらかくふっくらと煮上がっていて、もっちりととろけるようです。
小豆の皮までもやわらか。
砂糖のすっきりとした甘さが、あずきの味わいを高めます。
甘みはしっかりとしているので、好みでお餅やお団子を加えてもよいようです。
小豆の粒の食感も味わいながら、とろとろのクリーミーさも味わえる、地味ながら贅沢な和菓子ですね。

IMG_0740

【干支飴】
つるつるとなめらかな舌触り。
黒糖のこくのある甘みが口の中に広がります。
そうしてこの飴、とても口溶けがよくて、口の中でするすると溶けてゆきます。
こくのある黒糖の甘みはコーヒーともとても相性がよいです。
しかしなんといっても、馬のスマイルにほのぼのとなります。
飴は自分で手に取ることはあまりないお菓子ですが、こんな見ているだけでも楽しい飴は、女性の心をくすぐりますね。

【御菓子所高木】ウェブサイトはこちらです。

ピカンナッツのクリスピーチョコレート・マジパンチョコレート・Kショコラティエ・ビバリーヒルズ・ロサンジェルスCA【K diane kron chocolatier】

シンプル故にチョコレートのおいしさが光る、ビバリーヒルズにあるチョコレートショップ【Kショコラティエ】から、今回はダークチョコレートふたつを紹介します。

IMG_0739

【ビエナ・マジパン vienna marzipan】$25
チョコレートのバッグを開けると、まずアマレットのようなリキュールの芳しい香り。
ころころとアーモンドチョコレートボールほどの大きさのチョコレートをかじると…
予想外にチョコレートと中のマジパンが口の中で一体になって、まさに融け合って、うっとりとなってしまいました。
お酒の風味もやはりして、マジパンファンの方ならば虜になることまちがいなしでしょう。

IMG_0734

【ピカン・クリスプ pecan krisps】$25
素朴にピカンナッツのスライスか何かの入ったチョコレートかとおもっていましたら。
なんとこちらは、ピカンナッツたっぷりのたいへんクリスピーなクラッカーがダークチョコでコーティングされていました。
これは米粉が主体のクラッカーではないかと。
そう、日本でお馴染みのお米の薄焼きせんべいのような食感。
もちろんピカンナッツの風味たっぷりです。
本当にかりかりとクランチイで、スナック系のチョコレートの好きな方におすすめです。
それからこのピカンクリスプは、【Kショコラティエ】のすてきな女性店主の一番のお気に入りだそうですよ、参考までに。

IMG_0743

【K diane kron chocolatier】ウェブサイトはこちらです。

クリスピーパフチョコレート・テディベア・Kショコラティエ・ビバリーヒルズ・ロサンジェルスCA【K diane kron chocolatier】

シンプル故にチョコレートのおいしさが光る、ビバリーヒルズにあるチョコレートショップ【Kショコラティエ】。
テディベアの形をしたこんなキュートなチョコレートはいかがでしょう。

IMG_0727

【クリスピーパフ・ベアチョコレート K bears】小バッグ$25、大バッグ$45
ライスパフにチョコレートがコーティングされているのですが、そのライスパフもチョコレート色だったので、なんとなく白、と勝手におもっていたわたしは驚いたのでした、小さなことですが。
きっとライスパフを作るときに、ココアかチョコレートが加えられているのでしょうね。
そのためか何なのか、コーティングチョコレートと、中のライスパフの違和感が全くなくて、うまく一体になっています。
チョコレートがコーティングされたお菓子はいろいろあって、たとえばチョコレートウェハースならば、口の中でも、チョコレートとウェハースが分離したままの感じのものもよくあるけれど、こちらはそんな分離感がまるでありません。
そしてもちろん、ライスパフのかりかりとした歯ごたえも楽しめて、ついどんどん食べ進んでしましまいます。
ダーク、ミルク、ホワイト3種のチョコレートでコーティングされた、かわいいテディベアの形をしたクリスピーなチョコレート。
【Kショコラティエ】の人気商品のひとつというのもうなずけます。

IMG_0720

【K diane kron chocolatier】ウェブサイトはこちらです。

IMG_0383

ジンジャーブレッドビスコッティ・スターバックス・アメリカ・【Gingerbread Biscotti Starbucks】

コーヒーにビスコッティの組み合わせは、人気の定番ですね。
コーヒーに浸して食べると、固いビスコッティが口の中でほろほろと崩れるようで、すてきな食感です。
人気のコーヒー店スターバックスから、冬のフレイバー、ジンジャーブレッドのビスコッティです。

IMG_0736

【ジンジャーブレッドビスコッティ・スターバックス Gingerbread Biscotti Starbucks】$1.95
一口かじると、ピカンナッツの甘みとジンジャーやシナモンなどのホットなスパイスの香りが口の中に広がります。
砕いたピカンナッツの粒がたくさん、とてもナッティーなフレイバーです。
そして底の部分のミルク風味たっぷりのコーティングが、スパイシーなビスコッティ生地に甘いやわらかさを与えて、この少しのクリームが効いています。
表面に飾り程度に振りまかれたグラニュー糖も、かりかりアクセントとなって楽しい歯ごたえです。
スパイシーなコーヒーもよいものですし、このビスコッティ、もちろんコーヒーと抜群に相性がよいです。
あたたかいジンジャーのスパイスで、気持ちもからだもほんのりあたたまるような、冬の季節にピッタリのおいしいビスコッティでした。

IMG_0657

マルチグレインチップス・サンチップス・チェダーチーズ味・フリトレー・アメリカから・【SunChips HarvestCheddar/fritolay】

日本でスナック菓子のチップスといえば、ポテトチップスくらいしか食べたことはありませんでした。
アメリカに来てから、ポテトチップスはもちろん、コーンチップスやレンズ豆のチップスなど、いろいろな種類のチップスがあることに驚きました。
そこで今回は、チップスの本場のようなアメリカから、マルチグレインのチップスです。

IMG_0726

【サンチップス・ハーベストチェダーチーズ Sunchips Harvest Cheddar】
コーンチップスなど、アメリカではざくざくとした食感の、少し厚みのあるようなチップスをよく見かけます。
こちらはぱりっと、薄めのタイプ、さくさくととてもフレーキーな食感です。
そして素材はマルチグレイン、つまりいくつかの種類の穀物がミックスされているチップスです。
パッケージ記載の材料によると、穀物の種類はコーン、全粒粉、玄米、オーツ麦。
それら色んな穀物そのものの自然な甘さがほんのりとします。
今回はチェダーチーズ味ですが、その他、フレンチオニオン味、サルサ味、それから新しくバーベキュー味というのが登場していましたよ。
ざくざく歯ごたえのあるチップスも大好きですが、ぱりぱりと軽く、またほんのりとした自然な甘さも後を引く、おいしいチップスでした。

IMG_0724

【フリトレー】ウェブサイトはこちらです。

バニラ味コーンシリアル・オーガニック・アメリカ【Barbara’s Snackimals Cereal vanilla blast】

朝食はご飯党ですか、それともぱん党でしょうか。
アメリカでは一般的な朝食のひとつに、シリアルというのがあります。
グロサリーマーケットには、チョコレート味やはちみつ味と味も色々ならば、リング型のものやハート型のものなど形も様々、沢山の種類のシリアルがあって、お店のシリアルのコーナーをチェックすのも楽しいのです。
そこで今回は、アメリカからバニラ味のシリアルです。

IMG_0706

【オーガニックコーンシリアル・バニラ味 Barbara’s organic Snackimals Cereal vanilla blast 】
シリアルといってあなどれませんよ。
プラスチックバッグを開封すると、甘いバニラの香りに驚きました。
かりっととてもクランチイです。
ひとつひとつまわりを、バニラ味の蜜でうっすらとコーティングされていて、ほんのりとした甘さです。
とうもろこし自体の甘さとあっていて、ほどよいです。
シリアルの食べ方は、ミルクをたっぷりとかけて、というのが一般的とおもいますが、わたしはこのシリアルだけそのままを、つまんでぽりぽり食べるのが好きです。
チョコレートと一緒に食べてもおいしいですよ。
くまや象など動物の形もかわいらしく、楽しくヘルシーなシリアルも、おやつによいですね。

IMG_0710

【Barbara’s】ウェブサイトはこちらです。

IMG_0714